チューンナップ工程

チューンナップ工程(一般的な流れ)

その工程を挙げていくと、最初にサイドのエッジを荒削りします。続いて機械にかけて滑走面と滑走面側のエッジをフラットにします。それから滑走面にストラクチャーを入れ、滑走面側、サイド側という順番でエッジを仕上げていくというのが基本的なチューンナップの流れです。チューンナップ作業は非常に繊細なものなので、さまざまな経験を積んだ職人に預けるのが一番です。

チューンナップ工程1

荒削り リペア、修理個所等を確認をして、サイドエッジの焼きを取りながら、適正角度にサイドエッジの荒削りを行います。必要な場合はボーダーカッターを使用して、ボーダーをしっかり削ります。ボーダーが残っているとボーダーが邪魔になり、正確なエッジ角度が出せなくなってしまいます。しかし、必要以上にこの作業を行なうとエッジにかかる力を受け止める部分がなくなるので滑走時に石などを踏んだ場合にエッジを強く破損する場合があるので最低限の作業にとどめています。

チューンナップ工程2

機械に通す(フラット出し)
ストーンマシンでスキーの滑走面をフラットに削ります。板の状態により機械に通す回数は異なりますが、状態の悪い板の場合は手作業にてフラットに近い状態にしてからマシンに通します。スキーコンディションが悪い場合はサンディングマシンを使用しコンディションを整えよりフラットに近い状態して、さらにストーンマシンで仕上げることでよりフラットな作業が可能になりムラのないストラクチャーを滑走面に入れることができます。サンディングマシンを使用するとで作業効率向上、正確な作業、特に変形の多いスノーボード、傷の多いスキーに施します。

近年ではスノーボードもストーンマシンで仕上げます。この作業は残念ながら手作業では行えません。手作業やサンディングマシンだけで仕上げることは滑走性、回転性の低下に大きくつながります。以前は同様の作業としてメタル製のスクレパーで滑走面を削る、サンディングマシン仕上げというのもありましたが現在のスキー・スノーボードの構造、素材において適格な作業をおこなうことは至難の技です。

チューンナップ工程3

ストラクチャーを入れる
滑走性を最大限に引き出すとともに回転性も向上します。その逆の場合もありますので注意して下さい。板がフラットになった状態で初めてストラクチャーを入れます。板の使用目的(競技、基礎、パウダーなど)、使用時期、使用場所、を考慮してより最適のストラクチャーを入れます。ストラクチャーは極端に言ってしまうと滑走面に傷(溝)をつけることです。滑走方向の溝をいれて、滑走面と雪面の摩擦で発生する水のはけを良くすることで、滑走性能を向上させるのです。ストラクチャーが開発された当初は、溝が縦にまっすぐ入った〈ストレート型〉のものが主流でした。ところがここ数年でよりスムースな水はけを求めると同時に、回転性や操作性にも影響を与えるようなスクラクチャーが見つけだされました。現在主流となっているのは〈ダブルクロス〉と呼ばれるストラクチャーで回転性と滑走性の非常にバランスのとれたものです。

さあ!ストラクチャーを入れます!

ストラクチャーを入れる作業は専用のマシンを使って行います。ストーンが回転して少しずつ滑走面に溝を彫り込んでいきます。ストーンマシンの回転速度や作業速度によって、滑走面の深さや間隔を調整するという訳です。ストラクチャーを入れるということは、滑走面に無数の傷をつけるということなので、その表面はギザギザに角が立っている状態になっています。

そのまま滑っても問題はないのですが、すぐに滑走性を求めるのであればストラクチャーの目を潰す作業をする必要があります。サンドペーパーやストラクチャーブラシを使い、ストラクチャーの角を潰して滑走面を滑らかに仕上げます。綺麗にストラクチャーの模様が入っていないと滑らないのでは?と思いこんでいるかたもいますが、ストラクチャーの目が、ある程度潰れて模様が薄くなってきているほうが滑走性、回転性は高いのです。

チューンナップ工程4

オリジナルのワックス仕上げ加工を施してお渡ししますのですぐに滑ることができます。
*夏季保管中に湿気の多い場所での保管の場合、エッジが黒ずんだり、錆が出てくる場合がございますが滑走には問題ありません。気になる場合はご連絡下さい。使用前の場合は無料で調整させて頂きます。
*保管には十分ご注意下さい。(湿気、日光など)
お届けは宅急便でお宅へ配送も致します。(着払いお客様ご負担)配達お時間などの調整可能です